みーちゃんみーちゃん

初めまして★
サイトの管理人、「みーちゃん」やで!よろしくなぁ~

突然やけど、「卵巣出血」って知ってる?
私みーちゃんは、20代後半で卵巣出血が原因で、緊急手術を受けることになってん。

しかも初めての手術…。
ホンマに怖かった!!

ここでは、みーちゃんが出血した原因と完治までの日々を赤裸々に綴ってくで。
入院生活日記 

じゃぁ、そもそも卵巣出血ってなんなんやろ??
皆で見てこかぁ~

卵巣出血を知ろう!

卵巣出血とは、排卵の衝撃や黄体出血・外傷性の原因により卵巣から腹部内に出血をすることを言います。
月経がある女性であれば誰でも起こる可能性はありますが、特に20代~30代に多いとされています。

発生時期は、卵胞期・排卵期・黄体期など月経周期のどの期でも起こる可能性はありますが、特に黄体期に発症する場合が多いです。
卵巣が腫れる原因と自覚症状は?卵巣の腫れで卵巣出血に
卵巣嚢(のう)腫ってどんな病?その種類と卵巣ガンとの違い

それでは、ここで、月経周期についておさらいしてみましょう^^

月経周期をおさらい!

女性の人生のうちで月経がある期間は平均で40年間と言われています。
個人差はありますが、月経のサイクルは以下のグラフ通りです。

そもそも卵巣出血って?

  • 月経期
    妊娠とは、卵子と精子が結合して受精卵となり子宮内膜に着床することです。
    子宮内膜は、赤ちゃんのベッドと言われています。
    この子宮内膜は、妊娠が成立がしなかった場合、剥がれ落ち血液と一緒に体外へ排出されます。
    これを月経(生理)と言います。
  • 卵胞期
    月経後は、再び妊娠をするための準備に入ります。
    卵巣内では、1個の卵胞(卵子が入っている袋)が成熟します。
    子宮内では、その卵胞を受け止める為に新しい内膜を増殖させます。
  • 排卵期
    成熟した卵胞から卵子が飛び出し、卵管~子宮へと移動します。
    排卵日の特定は難しい言われますが、排卵日の3日前から5日間が最も妊娠しやすい時期と言われています。
  • 黄体期
    卵子が飛び出した卵胞が、黄体という組織に変わります。
    この黄体から分泌される黄体ホルモンが、子宮内膜をやわらくし受精卵が着床しやすい状態を作ります。
みーちゃんみーちゃん

女性の体は、1ヵ月のうちにものすごい変化があるんやな!
みーちゃんも生理の時は、よぉ情緒不安定になるわ。
じゃぁ、次は卵巣出血の原因と言われている「黄体出血」「外傷性の原因」をもっと詳しく説明してくで!
卵巣出血の原因と手術方法