1週間の入院生活を終え、更に1週間が経ち外来受診の日を迎えました。

手術・入院をしていた病院に自分の足で行くのは初めてで、新鮮な気分でした。

診察内容 卵巣の状態と今後の生活

外来では、血液検査と問診・内診がありました。

予約はしていたものの、やはり外来は待ちました><

内診では、いつも通りお腹の中を見てもらうのですが…

卵巣の大きさは3cmまで戻り、特に異変もありませんでした^^

安心です~。

ただ、いつまた膨らむか分からない状態です。

「少しでも気になることがあれば来てください。」とのことです。

気になる「性行為」についてのお話もありました。

卵巣出血は、未然に防ぐことができないので、再発する可能性も高いです。

卵巣は、排卵期~生理が始まるまでの黄体期」に膨らみやすいと言われています。
卵巣が腫れる原因と自覚症状は?卵巣の腫れで卵巣出血に

この時期はなるべく性行為を避けるようにと言われました^^;

しかし、妊娠を希望する人にとっては、この時期の性行為はかなり大切なもの。

まだまだ私は妊娠希望ではなかったので、今のところは大丈夫なのですが…。

今後も自分の体とうまく付き合っていかなくてはいけません。

今回の事は、手術まで至ったことで私にとってかなり大きな事件となり、痛みもトラウマになりました><

暫くの間は、性行為はできませんね^^;

血液検査の結果は、この後詳しくお話しします。

貧血の経過報告

退院の日から、ちょうど1週間経過しました。

気になる採血結果ですが…

  • 赤血球数 350 L (基準値 375~485)
  • ヘモグロビン濃度 10.8 mg/dl (正常値 12~16)

「軽い貧血」状態ですが、かなり回復してます^^

運動はまだ挑戦していませんが、日常生活に支障はありません!

退院後のお薬

退院して、1週間は鉄分の錠剤を飲んでいました。

しかし、採血結果から順調に貧血状態も回復していることが分かった為、薬も終了になりました!^^

卵巣出血発症から2週間で完治!

卵巣出血が発症してから、2週間。

卵巣の大きさも、貧血状態も回復していることから、今後の経過観察もなしということでした!^^

つまり、もう通院も終了です!

 

傷跡はまだ残っていますが、日に日に薄くなってきている気がします^^
卵巣出血 腹腔鏡手術後の傷跡の変化

完全に消える日が来るのか分かりませんが、また何か変化があれば更新します。

何はともあれ、長いような短いような、そんな闘病生活に幕を閉じました。