婦人科疾患にも、さまざまな種類のものがありますね。

乳がんや子宮頸がん、卵巣嚢腫…

自覚症状が少なく、発見が遅れることも多々あります。

私が今回体験した卵巣出血も、卵巣の腫れが原因の一つでした。

卵巣の腫れについては、下記記事をご覧ください^^
卵巣が腫れる原因と自覚症状は?卵巣の腫れで卵巣出血に

今回は、腫れの原因の一つである、卵巣嚢(のう)腫についてお話したいと思います。

卵巣嚢腫には良性と境界悪性・悪性の3つの種類がある!

卵巣が腫れる原因の一つに、卵巣嚢(のう)腫があります。

嚢腫と言うと癌のような怖い病気に感じますが、一概にそうとは言えません。

卵巣嚢腫ってどんな病?

卵巣は、子宮の左右両側にひとつずつあり、通常2~3cmほどの大きさです。

ここでは定期的にホルモンの分泌や排卵が起こり、女性の体に一定のリズムを作っている大事な役割があります。

この卵巣に腫れが生じた状態を「卵巣嚢腫」と言い、多くの場合片側のみに発生します。

他の臓器の「嚢腫」と比べて非常にたくさんの種類があり、良性・境界悪性・悪性と3つの群に分けられます。

この卵巣嚢腫は、更年期以降の女性だけではなく、若い女性にも多いのが特徴です。

10代から年配者まで注意が必要なんですね。

卵巣嚢腫の種類と名称

卵巣の嚢腫は、良性・悪性・境界悪性の3つに分類され、9割以上が良性です。

実は「卵巣嚢腫」という名称は、卵巣の嚢腫の中でも、良性のものを言います。

また、その良性の卵巣嚢腫も様々な種類の腫瘍に分けられます。

それぞれの種類と名称をまとめます。

【良性の場合・・・良性卵巣嚢腫(りょうせいらんそうのうしゅ)

代表的な種類

  • 漿液性嚢胞腺腫(しょうえきせいのうほうせんしゅ)
  • 粘液性嚢胞腺腫(ねんせきせいのうほうせんしゅ)
  • 成熟嚢胞性奇形腫(せいじゅくのうほうせいきけいしゅ)
  • チョコレート嚢腫

【境界性の場合・・・境界悪性腫瘍(きょうかいあくせいのうしゅ)

【悪性の場合・・・卵巣ガン

このように、卵巣の嚢腫と言っても多くの種類があり、名称も違うんですね。

それでは、種類ごとに詳しくご説明していきます!

良性卵巣嚢腫の種類と治療法

卵巣の嚢腫でも、「良性」に分類されると「卵巣嚢腫」と呼ばれており、嚢腫の9割以上がこれに当てはまります。

この良性卵巣嚢腫にも、様々な種類があるので、その代表的なものを書いていきます^^

漿液性嚢胞腺腫(しょうえきせいのうほうせんしゅ)

卵巣嚢腫の25%を占めます。

嚢胞内に黄色い透明な液体が溜まる腫瘍で、球形の手のこぶし大ほどの大きさで、縮小をしません

症状

腹部膨満感、下腹部痛や頻尿など

治療法

10cm以下の場合は、腹腔鏡下手術で摘出が可能です。
卵巣出血 腹腔鏡手術とはどんな手術?

しかし、これ以上の大きさだったり悪性腫瘍の場合は、開腹手術での除去になります。

粘液性嚢胞腺腫(ねんせきせいのうほうせんしゅ)

卵巣嚢腫の20%を占めます。

嚢胞内にネバネバとした粘液が溜まる腫瘍で、30~40代に多くみられます。

巨大化することが特徴で、妊娠末期の子宮ほどに膨らむこともあります。

お腹の中で嚢胞が破れ、粘液がお腹全体に広がることもあり、腹膜炎を起こします。

これが原因で、死亡するケースもあるんです><

症状

主に、お腹の膨張があり、下腹部に痛みが出始めたり、体外出血や頻尿などの兆候もあります。

この病気はある程度症状が進行してからではないと症状が出ない為、発見が遅れることが多いです。

治療

嚢胞を縮小させる治療を行った後に、嚢胞を全摘出します。

10cm以下の場合は腹腔鏡下手術で行い、それ以上の場合は開腹手術になります。

成熟嚢胞性奇形腫(せいじゅくのうほうせいきけいしゅ)

これは、「皮様嚢腫(ひようのうしゅ)」とも呼ばれ、生殖細胞が卵胞内の中で細胞分裂を始め、中途半端に成長することでできるものです。

嚢胞内に皮脂、毛髪、歯、軟骨などが作られる為、卵巣が大きくなってしまいます。

10~30代で多くみられ、基本的に片側の卵巣のみに発生します。

しかし、発症者の10~20%は両側に発生します。

この病で怖いのは、35歳以上の女性が発症した場合、1%の確率で悪性転化し癌細胞になると言われています。

症状

初期症状はほとんどありません。

ただし大きくなってからは、周辺の臓器や血管を圧迫するようになり、腰痛や腹痛、便秘などの症状が出始めます。

卵巣が大きくなりすぎた場合、「卵巣嚢腫茎捻転」「卵巣破裂」などによる腹痛や吐き気を起こすこともあります。

治療

基本的には、主要部分だけを取り除く卵巣腫瘍核出術を行います。

10cm以下の場合は腹腔鏡下手術で行い、それ以上の場合は開腹手術になるようです。

腫瘍が大きく、他の臓器との癒着がみられれば、卵巣自体を切除しなければならなくなります。

チョコレート嚢腫

子宮内膜症が卵巣に発生したものです。

子宮内腔にしか存在しないはずの子宮内膜や組織が、卵巣内にできてしまい、そこで月経(生理)が始まってしまうのです。

出血した血液が卵巣内に溜まり、粘性のあるチョコレート状に変化して卵巣が膨らみます。

症状

月経痛、不妊の原因、性交痛、排便時痛、腰痛などが挙げられます。

症状が重度化していくので注意が必要です。

嚢胞が破裂することもあります。

治療

主に、腹腔鏡下手術で嚢胞を取り除く方法が取り入れられています。

また、妊娠の高く残ることで知られている、腹腔鏡下嚢胞摘出術があります。

こちらも腹腔鏡下手術と同じような手法です。

境界悪性嚢腫の症状と治療法

卵巣の嚢腫が、良性(卵巣嚢腫)と悪性(卵巣ガン)の中間の性質を持っていることを、境界悪性嚢腫と呼びます。

基本的に摘出をすれば生命にかかわることはないのですが、再発する可能性があります。

「癌へと変化する」というよりも、「悪性度の低い腫瘍」と認識されており、20~60代と幅広い年代で、発症しています。

良性卵巣嚢腫と同じように、漿液性(しょうえきせい)粘液性(ねんせきせい)等の種類があります。

症状

自覚症状の場合もありますが、腹部の鈍痛や膨満感などの症状がでる場合もあります。

治療

摘出をすることで、命にかかわることがまずありません。

しかし、稀に再発をするので、経過観察が重要になってきます。

摘出は、卵巣の全摘出か一部のみの摘出のどちらかになります。

これは、妊娠や出産を希望している女性に、できるだけ妊娠の可能性を残せるようにする為です。

悪性嚢腫(卵巣がん) の症状と治療

卵巣の嚢腫が悪性の場合、「卵巣ガン」と呼ばれます。

初期の場合、完治率もあがりますが、進行したものは再発率も高く治療が困難です。

進行が早く、早期治療法がないのも特徴で、発見が遅れることが多いです。

卵巣ガンは、良性の卵巣嚢腫が悪性化してできる場合もあるので、卵巣の腫れや影がみえた場合は精密検査を受けます。

40~60代の女性に発症しやすい病です。

症状

「沈黙の臓器」と呼ばれる卵巣の為、ほとんどの場合自覚症状がありません。

その為、他の組織に転移して症状がみられて発覚することが多いのです。

また少ないですが、腹部の膨満感や腰痛・頻尿、などの症状がでることもあります。

自覚症状が少ない為、何らかの症状が現れた時にはガンが進行している可能性もあります。

ステージⅠの場合、5年生存率はかなり高いと言えますが、残念ながら9割以上がステージⅡで発見されます。

少しでも早期発見が出来るように、定期的に婦人科検診を受診しましょう。

治療法

子宮の摘出や、大網(だいもうと呼ばれ、胃と大腸の間にある膜)の切除、腹膜播種病変の切除の手術を行います。

また、この手術では、リンパ腺を摘出し、転移の有無を調べます。

手術後約1〜2週後から抗がん薬を用いた化学療法を行います。

まとめ

このように、卵巣の嚢腫は一言で説明できないことが分かりますね。

女性にとって大切な臓器の一つです。

少しでも症状があれば、また症状がなくても定期的に検診を受けるようにしましょう。

良性・境界悪性・悪性の名称

卵巣の嚢腫は、良性・境界悪性・悪性の3つに分類されます。

良性が、「卵巣嚢腫」

境界悪性が、「境界悪性嚢腫」

悪性が、「卵巣ガン」

と呼ばれます。

卵巣嚢腫と卵巣ガンの違い

卵巣嚢腫
  • 卵巣の嚢腫でも、良性のもの。
  • 10~60代まで年齢に関わらず発症をする。
  • 原因が解明されていない。
卵巣ガン
  • 卵巣の嚢腫でも、悪性のもの
  • 再発しやすい
  • 40代以降にできやすい
  • 卵巣嚢腫(良性)のものが悪性化する場合もある

 

いかがでしょうか?

卵巣嚢腫と卵巣ガンの違いや種類を整理することができたでしょうか^^

良性でも悪性でも、体に及ぼす影響は大きいです。

定期的に婦人科検診を受診するように心がけましょう^^